スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしやまなみ(枦山南美)ちゃんもえだまめん♪

2009年7月7日は、七夕+満月♪
七夕パワー×満月パワー=月のパワー増大!

で、七夕の願い事は「短冊」できまりっ、
とおもったら、それだけじゃなくて・・・

「そうめんを食べる」!

と、中2の息子とフラフラ妻(=フラ教室をやってる)が。
息子は学校で、フラフラ妻は生徒さんから聞いたんだって。

平安時代から宮中では七夕にそうめんを食べていたとかで・・・
(調べたら7月7日は「乾麺の日」、、、あやしいぃ…笑)

ま、そういうわけで、わが家の七夕ディナーは、
「七夕枝豆そうめん」と、なぜか豚しゃぶ枝豆サラダほか。

豚しゃぶサラダ そーめん

ぴーすけ DSCF3515.jpg 

子猫のピースは笹に反応して大騒ぎっ。
フラフラ妻は月明かりに、何か願いごとを一人でぶつぶつ…。

とそんなこんなの七夕の夜をすごしていたそのころ、
園山まめ絵先生は・・・


まめ絵:今晩(20時過ぎ頃)
    シニョーラ若杉マメダムから、
    「枝豆納豆いる?」とメールがきたので、
    「園山」営業中に、一目散で引き取りに行きました。

    家に帰るまで我慢できず、
    再び「園山」に戻ってから、
    こっそり、ホタテの佃煮を入れて食べてました。

090707_202633.jpg 090707_202959.jpg 

まめ絵:と、
    数分後、
    親友のはしやまなみ(枦山南美)が、お店にのこのこやってきて、
    新潟行ってきたんだけど、
    「これいる?」
    と差し出してくれたのが、
    枝豆スナックでした?。

    さらにその数分後、
    1周年を迎えた近所のバーに、差し入れを持ってちょこっと顔を出すと、
    目の前には、
    枝豆が。

    よって、枝豆をがっついて、
    (その他、高菜とひき肉のおにぎり2個・筑前煮等も)、
    ものの10分で去りました。

090707_223642.jpg 090707_205315.jpg 

まめ絵:わずか30分のあいだで、
    枝豆に3度も出会えました。

    枝豆は、やっぱり私の彦星です。


まめ絵先生、枝豆が彦星って…(笑)

ということで、「枝豆彦星」、あるいは「枝豆星彦」さん、
もしそんな名前の方がどこかにいらっしゃいましたら、
ご連絡くださーい!!!



↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪

スポンサーサイト

⇒comment

Secret

えだまめん∞

えだまめん

Author:えだまめん

エダマメ(edamame)大好きな「えだまめん」です。いまや「edamame」は世界共通号! えだまめって、かわいいですよね。食べちゃいたいくらい!(笑) 毎日、枝豆のある食卓を夢見てます。

地団駄は島根で踏め(光文社新書)
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
☆ランキングに参加してます☆
フリーエリア
Ms. BEAN(ミス・ビーン) まめえ先生(園山真希絵)  紹介制家庭料理割烹「園山」店主
園山ブログ  園山真希絵こころのごはん手帖 12543901_20090804144327.jpg  園山真希絵の最新刊!        毎日おいしいヘルシーレシピ みすびーん  Ms BEAN 楽々豆ダイエット ↓ 写真クリックすると、    そのページへ飛びます♪ えだまめだ焼き450  ↑ えだまめだま焼き トースト  ↑ えだまめだま焼きトースト エダマメサンド  ↑ えだまめロールパンサンド 園山ポテトサラダ  ↑ 「園山」名物 ぽてさら+e 今朝の枝豆  ↑ えだまめかぶ パスタ  ↑ えだまめん(麺) 枝豆&コーン  ↑ 枝豆とコーンのすり身蒸し 米茄子  ↑ 米茄子の雑穀入り田楽 DVC450-2.jpg  ↑ 枝豆そぼろごはん 枝豆納豆  ↑ 枝豆納豆とゴーヤ チリ味 えだまめ結び  ↑ えだまめ結び DVC450-1.jpg  ↑ えだまめばーぐ かぼちゃ1  ↑ えだまめとかぼちゃCAKE エダマンゴー  ↑ エダマンゴー ずんだ  ↑ 夏美人!大豆シスターズ ひとりごはん  ↑ フードジャーナリスト会議/編 【東京】ひとりで行ける上質ごはん   ↓クリックで語源遺産ライブラリーへ地団駄ポスター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。