スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝豆と紀州南光梅と長芋とからすみのバベッティーニ

園山真希絵の毎日おいしいヘルシーレシピ』(宝島社)好評発売中!
紹介制家庭料理割烹 園山」店主・園山真希絵(通称:まめ絵)先生から、
外食エダマメールです。


まめ絵:枝豆、いましたー!

パスタ

    枝豆と
    紀州南光梅と
    長芋と
    からすみの
    バベッティーニ

    東中野の「ペルバッコ」でしたぁ。




↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪


12543901_20090804144327.jpg
↑画像クリックでAmazonへ!


コーンえだまめん(麺)

園山真希絵の毎日おいしいヘルシーレシピ』(宝島社)を緊急出版!
家庭料理割烹 園山」のまめ絵先生からエダマメールです。

今週の日刊ゲンダイの連載「太らない男レシピ」でも、
「えだまめん(麺)」だって♪

日刊ゲンダイ

※カラー写真を入手したらレシピと一緒に貼り付けますね。
 日刊ゲンダイさん、よろしくお願いしまーす。

(追記)ということで、日刊ゲンダイさんから、
    カラー写真をいただきましたので、アップしまーす!

コーンえだまめん


まめえ:コーンスープと枝豆を使った麺料理だから、
    「コーンえだまめん」!
    パスタのカルボナーラをイメージして作りました。

    夏の麺といえば、素麺。
    定番の和風ダシではなく、洋風に仕上げます。

    特に男性の中には「甘ったるい」と
    コーンクリームのスープを敬遠する人がいます。

    ハイ、その気持ち、分かります。
    太らない「男」レシピでは、
    お馴染みの調味料、大豆の発酵食品「合わせ味噌」を加え、
    塩気を足すことでオトナの味に。

    新境地です!
 
    具は、大豆の未熟豆で、
    豆と野菜の両方の栄養的特徴がある枝豆。
    大豆には足りないビタミンCも含むため、
    夏バテ解消にも最適です。


 「コーンえだまめん(麺)」

  ■材料(1人分)

  塩ゆで枝豆(さやから出したもの)大さじ3
  素麺1束 
  オリーブ油小さじ2
  A〔コーンクリームスープ(レトルト)200cc
  合わせ味噌小さじ2


 
  ■作り方。
 
   素麺は熱湯でゆでて冷水にとり、
   しっかり水気をきったら、
   オリーブ油と和えて冷蔵庫で冷やしておく。

   Aを混ぜ合わせたら、器に注ぎ入れ、
   中央に素麺と枝豆を乗せて出来上がり。

   スープは、ポタージュ系であれば代用可能。
   粉末タイプもありますが、
   缶詰やレトルトパックのほうが粒粒のコーンが、
   大盤振る舞いなので、個人的にはオススメです。

   今回は冷製に仕上げましたが、
   味噌を合わせたスープを鍋で熱し、
   温製にしてもおいしくいただけます。

   黄色と緑の鮮やかなコントラスト!
   愛嬌のある見た目ですので、女性受けもバッチリです♪
    



↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪


12543901_20090804144327.jpg
↑画像クリックでAmazonへ!

more...

えだまめん(麺)第2弾「枝豆桃パスタ」

待ってました2!!!

家庭料理割烹 園山」のまめ絵先生から届いたモーニングエダマメールは、
きのうにつづいて、「えだまめん(麺)」パート2です!


 まめ絵:きのうに引き続き、
     「えだまめん(麺)」を作ってしまいました。


     今度は、ちょっと気取った風(?)の
     冷製パスタです。

     普段、お蕎麦以外は、
     冷たい麺をあまり食べないまめ絵ですが・・・
     (極力体を冷やさないため)
     ・・・夏ばかりは、冷たい麺、解禁です。

     が、しかし、
     冷たい麺を食べるなら、
     できるだけ体を温める食材を入れる
というのが、
     まめ絵の鉄則であります。

     というわけで、
     できたのがこちらでございます。

 桃パスタ1



 「えだまめんシリーズ第2弾!
    クールなえだまめん(枝豆桃パスタ)」



  <材料>(2人分)

  スパゲッティ(できれば細めタイプ)…160g
  桃…1個
  A:塩茹で枝豆(さやから出したもの)…適量
    オリーブオイル…大さじ1
    レモン汁…小さじ1
  塩・ブラックペッパー…各少々

 
  <作り方>

  (1)塩を入れた熱湯で,
     スパゲッティをやや柔らかめに茹でたら、
     氷水にとり、
     さっと洗って、
     しっかり水気をきっておく。

  (2)皮を剥いた桃は、一口大に切って、
     (1)のスパゲッティ、A、と共に、
     ボウルに入れて混ぜ合わせ、
     塩で味を調える。 

     器に盛ったら、
     ブラックペッパーをふりかける。



 まめ絵:幼い頃は、
     フルーツを料理に合わせるなんて、
     信じられなかったのですが、
     (おいしいなんて1ミリも思ったことがなかったです)

     たとえば、
     給食に出てきたリンゴが入ったマカロニサラダとか、
     酢豚のパイナップルとか、生ハムメロンとか…。

     甘酸っぱい果物が、
     甘くない料理に合うわけがないって思ってたんですね。

     でも、東京に出てきて、
     あちこちレストランに行くようになってからというもの、
     そのフルーツin料理のおいしさに目覚め…。

     中でも、フルーツを使ったおいしいパスタに出会った時の、
     驚きと感激は、このたれ目が一気につり上ったほどでした。

     きっかけとなったのは、
     「ダルマット」のさくらんぼパスタとか、
     「グットドールクラッティーニ」の苺パスタだったでしょうか。

     ま、そういうわけで、フルーツを合わせた料理を、
     自分でも作るようになったというわけなんです。


     ちなみに、
     今回のRECIPEで、
     枝豆と同じくらい存在価値のある桃ですが、
     実は、体を温める食材なんです。

     よって、
     今回の冷製パスタに抜擢したというわけです。


     しかも、桃は、今がとびきりおいしい季節ですからね。
     旬のものこそ、栄養価も高いわけです。

     ということで今日は、
     パスタの朝からおいしい一日が始まったまめ絵でした♪


おいしそう!

実は、えだまめん、桃が(も)大好物!
生まれて初めてレストランで「桃の冷製スープ」と出会ったときは、
感動しました。

ということで、この「枝豆桃パスタ」、
どこかのレストランさん、つくってみませんかー!?


 まめ絵:あ、そうそう・・・


はい、なんでしょう?

桃パスタ

 まめ絵:ちなみに食器は・・・

     TIME&STYLE

     です。

     最近、まめ絵お気に入りの食器メーカーさんです♪


ということで、
新しい「エダマメ・スタイル」の提案でした?!



↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪

えだまめん(麺)「胡麻入りだけに、ご満足えだまめん」

待ってました!!!

大人の隠れ家「家庭料理割烹 園山」のまめ絵先生から、
待望のエダマメールです♪
ついに!
ついに!
えだまめん(麺)」の登場です!

パスタ


 まめ絵:ようやくよーやく、
     「えだまめん(麺)」作りました。。。

     色々作りたいのがありすぎて、
     どれから作ろうか迷いに迷ってました。(言い訳)

     しかし、
     冷蔵庫と相談した結果、

     またしても、
     賞味期限が明日に迫っていた庶民の味方「かにかま」や、
     練り白胡麻が、
     私達を使って?と訴えていたのと、

     今日はなんだか和の気分だったので、
     こちらに行きつきました↓


 
 「胡麻入りだけに、ご満足えだまめん」


 <材料>(2人分)

  スパゲッティ…140g
  塩茹で枝豆(さやから出したもの)…適量
  かにかま(手で裂いたもの)…大1つ
  A:練り白胡麻・ポン酢…各大さじ2
    オリーブオイル…大さじ1
    柚子こしょう…小さじ1/2
  塩…少々


 <作り方>
 
 (1)塩を入れた熱湯でスパゲッティを茹で始める。

 (2)Aを混ぜ合わせたら、
    (1)のアルデンテに茹であげたスパゲッティと,
    かにかまを加えて、手早く混ぜ合わせ、
    塩で味を調えて、
    枝豆と共に器に盛り付ける。



 まめ絵:作りたてを、即、いただきましたが、
     見た目以上に(?)、
     おいしいんです、これが。


     いつもながら、
     自画自賛です。


     ピリッと辛みのきいた
     日本を代表する刺激調味料「柚子こしょう」や、
     ほどよい酸味と旨みをプラスしてくれる「ポン酢」が、
     胡麻のまったり感をビシッと引き締めて、
     よりワンランクアップしたおいしさを演出してくれます。

     また、胡麻や柚子こしょうは体を温めてくれるので、
     冷房に頼り過ぎる方々にもぜひ召し上がって頂きたい
     「えだまめん」です。

     この「えだまめん」シリーズ、
     これからもまめに作ってまいりますので、
     お楽しみに?♪



ということで、
とうとう登場した「えだまめん(麺)」!

ラーメン、
つけめん、
ボク、
えだまめん!


シリーズが楽しみです?


↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪

枝豆の豆乳レモンソース パスタ

おっ、お豆で1年25キロのダイエットに成功した〝豆の達人〟、
まめえ先生から 速報!エダマメール だ!


 まめえ:『からだにいいこと』(7/16発売 9月号)が送られてきましたが、
     そういえば、枝豆 豆乳クリームパスタを紹介してました。

     さわやかなレモンの香りであっさりと!
     「枝豆の豆乳レモンソース パスタ」です。

     かなりおいしく、体にもいいこと尽くしなので、
     みなさま、ご参考に?。


どれどれ・・・レシピをのぞいてみましょう・・・

 からだにいいこと1 からだにいいこと2



「枝豆の豆乳レモンソース パスタ」


 <材料>2人分

  塩ゆで枝豆(さやから出したもの)…80g
  スパゲッティ…120g
  A:生クリーム…120cc
    無調整豆乳…50cc
    クリームチーズ…40g
  B:鮭フレーク…30g
    粉チーズ…大さじ1
  塩・こしょう…各少々
  レモンの皮(すりおろし)、粉チーズ…各適量

  パスタ3

 <作り方>

  (1)たっぷりのお湯(分量外)に塩を入れて、
     スパゲッティをややかために茹であげる。

  (2)フライパンにAをいれて、中火にかけて、
     沸いてきたら、火を弱め、
     混ぜながら、1分ほど煮つめる。

     枝豆、B、(1)を加えて、よく混ぜ合わせる。

  (3)塩・こしょうで味をととのえて、器に盛ったら、
     すりおろしたレモンの皮と粉チーズをふりかけて、
     できあがり!
 



枝豆の「緑」と、レモンの「黄」色。
涼やかなマッチング!
見てるだけで涼しくなる、さわやか納涼パスタですねっ。



↑↑↑
レシピブログのランキング参加中♪ 
お立ちよりのさいは、
1日1回応援クリックよろしくです♪

えだまめん∞

えだまめん

Author:えだまめん

エダマメ(edamame)大好きな「えだまめん」です。いまや「edamame」は世界共通号! えだまめって、かわいいですよね。食べちゃいたいくらい!(笑) 毎日、枝豆のある食卓を夢見てます。

地団駄は島根で踏め(光文社新書)
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
☆ランキングに参加してます☆
フリーエリア
Ms. BEAN(ミス・ビーン) まめえ先生(園山真希絵)  紹介制家庭料理割烹「園山」店主
園山ブログ  園山真希絵こころのごはん手帖 12543901_20090804144327.jpg  園山真希絵の最新刊!        毎日おいしいヘルシーレシピ みすびーん  Ms BEAN 楽々豆ダイエット ↓ 写真クリックすると、    そのページへ飛びます♪ えだまめだ焼き450  ↑ えだまめだま焼き トースト  ↑ えだまめだま焼きトースト エダマメサンド  ↑ えだまめロールパンサンド 園山ポテトサラダ  ↑ 「園山」名物 ぽてさら+e 今朝の枝豆  ↑ えだまめかぶ パスタ  ↑ えだまめん(麺) 枝豆&コーン  ↑ 枝豆とコーンのすり身蒸し 米茄子  ↑ 米茄子の雑穀入り田楽 DVC450-2.jpg  ↑ 枝豆そぼろごはん 枝豆納豆  ↑ 枝豆納豆とゴーヤ チリ味 えだまめ結び  ↑ えだまめ結び DVC450-1.jpg  ↑ えだまめばーぐ かぼちゃ1  ↑ えだまめとかぼちゃCAKE エダマンゴー  ↑ エダマンゴー ずんだ  ↑ 夏美人!大豆シスターズ ひとりごはん  ↑ フードジャーナリスト会議/編 【東京】ひとりで行ける上質ごはん   ↓クリックで語源遺産ライブラリーへ地団駄ポスター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。